ウィルヘルム ヒス(英語表記)Wilhelm His

20世紀西洋人名事典の解説

ウィルヘルム ヒス
Wilhelm His


1863 - 1934
医学者。
元・バーゼル大学教授,元・ゲッティンゲン大学教授,元・ベルリン大学教授。
バーゼル大学教授やゲッティンゲン大学教授、ベルリン大学教授を歴任する。脊椎動物の心臓を研究し、心臓の刺激伝導系の発見で有名である。心筋線維束にヒスの名が付けられている。同姓同名の父ウィルヘルム・ヒスは発生学者で発生の仕組みの研究で有名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android