コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンズケール ウィンズケール Windscale

1件 の用語解説(ウィンズケールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウィンズケール(Windscale)

英国のセラフィールドにある原子力施設の名称。1947年に核兵器プルトニウム生産施設として設置され、原子炉再処理工場などが建設された。その後、プルトニウム生産炉を発電用に改良する研究が進められ、1956年にコールダーホール原子力発電所が併設された。→コールダーホール型原子炉
[補説]ウィンズケール再処理工場は1952年の運転操業開始以降、1970年代をピークとして、放射性物質を含む大量の廃液や気体を環境に放出し続けた。1957年には、INESレベル5に相当する原子炉事故を起こし、原子炉2基が運転を停止。残る1基は1981年まで操業した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィンズケールの関連キーワードアウトフィールドγフィールドACRS核査察官原子力安全基盤機構原子力損害賠償責任保険ロウフィールド館の惨劇ウィッフィン:ガーフィールド組曲/

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィンズケールの関連情報