コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーン芸術週間

2件 の用語解説(ウィーン芸術週間の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ウィーン芸術週間

オーストリアのウィーンで5月~6月にかけて開催される総合芸術際。1951年設立。オペラコンサート、演劇、映画の上演や絵画展などあらゆる分野のアートを取り扱うフェスティバルで、会場はアン・デア・ウィーン劇場、ミュージアムクォーター、市内の広場など、さまざま。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の祭り・イベントガイドの解説

ウィーンげいじゅつしゅうかん【ウィーン芸術週間】

オーストリアの首都ウィーンで開催される芸術の祭典。オペラ、コンサート、演劇、舞踊、展覧会など、さまざまな芸術の催しが集中的に開催される。世界中から集まったアーティストが披露するイベントの数は100を超える。初日には市庁舎前広場のステージオープニングイベントも行われる。会場はウィーン市内のさまざまな施設。開催時期は5月から6月。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーン芸術週間の関連キーワード維納ウィーンの森カイザーバルウィーン気質ウィーン市庁舎前のクリスマスマーケットウィーンの花の舞踏会ウィーンフィル舞踏会ウィーンマラソンオーパンバル〈オペラ座舞踏会〉レゾナンツェン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone