コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウウォツワウェク Włocławek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウウォツワウェク
Włocławek

ポーランド中部,クヤフスコ・ポモルスキェ県の都市。ワルシャワの西北西約 140km,ウィスワ川と人工貯水地に面する工業都市。歴史の古い町で,ウィスワ川の河港として発展,16世紀には農産物の取り引きの中心となった。ルネサンス期の重要な文化中心地。 1799年ポーランド最初の製紙工場が設置されてから,工業も発達。ポーランド最大のセルロース工場があるほか,機械,金属,食品,製薬などの工業も盛ん。人口 12万 1229 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウウォツワウェクの関連キーワードライヒシュタインライヒ=ラニツキウィシンスキクヤウィ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android