ウウォツワウェク(英語表記)Włocławek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウウォツワウェク
Włocławek

ポーランド中部,クヤフスコ・ポモルスキェ県の都市。ワルシャワの西北西約 140km,ウィスワ川と人工貯水地に面する工業都市。歴史の古い町で,ウィスワ川の河港として発展,16世紀には農産物の取り引きの中心となった。ルネサンス期の重要な文化中心地。 1799年ポーランド最初の製紙工場が設置されてから,工業も発達。ポーランド最大のセルロース工場があるほか,機械,金属,食品,製薬などの工業も盛ん。人口 12万 1229 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android