コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェド El Oued

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェド
El Oued

アルジェリアの東部大砂漠の北東端に近く,美しい砂丘に囲まれたスーフオアシス (北西-南東へ約 40km広がる) の中心地。首都アルジェの南東約 500kmに位置する交通の要衝。ウェドは川の意。地表から4~12mに南から北に流れる滞水層があることからこの名がついた。ナツメヤシが栽培されるが,ほかのオアシスのように井戸水灌漑をせず,ヤシの根が水に届くまで砂を掘下げるため,ヤシ園はすり鉢状となって点在。狭い曲りくねった道路脇の円形,かまぼこ形の家屋とともに独特の景観で知られる。また古い建築物にはムーア人やローマ人の影響が残る。良質のナツメヤシ,絨毯,織物が経済を支え,観光地としても名高いが,過疎化が進んでいる。人口7万 73 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウェドの関連キーワードアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンスウェーデン王立バレエ団アルフレッド[大王]ウェルクマイスタートーマス サンカラアルフレッド大王クロプシュトックバークレイズ銀行アベンジャーズアチャンポンクローネモシ王国リッター

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android