ウェド(英語表記)El Oued

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェド
El Oued

アルジェリアの東部大砂漠の北東端に近く,美しい砂丘に囲まれたスーフオアシス (北西-南東へ約 40km広がる) の中心地。首都アルジェの南東約 500kmに位置する交通の要衝。ウェドは川の意。地表から4~12mに南から北に流れる滞水層があることからこの名がついた。ナツメヤシが栽培されるが,ほかのオアシスのように井戸水灌漑をせず,ヤシの根が水に届くまで砂を掘下げるため,ヤシ園はすり鉢状となって点在。狭い曲りくねった道路脇の円形,かまぼこ形の家屋とともに独特の景観で知られる。また古い建築物にはムーア人やローマ人の影響が残る。良質のナツメヤシ,絨毯,織物が経済を支え,観光地としても名高いが,過疎化が進んでいる。人口7万 73 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android