コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルズタービン Wells turbine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルズタービン
Wells turbine

空気の往復運動のなかで,常に一方向に回転する空気タービン。おもに波力発電に利用される。波力エネルギー変換の一つとして,海面に固定した空気室を設置し,波の運動に対応して,その上部に設けた穴から空気の往復流を得る方法がある。この空気流を効率よくエネルギー変換するため,回転軸に垂直な平面対称な翼を取付けたものであり,どちらの方向からの流れに対しても回転することができる。回転翼の形状を工夫することにより,自己起動も可能であり,効率も大型のタービンで約 60%になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android