コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルナー報告 ウェルナーほうこくWerner Report

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルナー報告
ウェルナーほうこく
Werner Report

ECの通貨同盟に向かっての一連の報告の一つで 1970年に発表されたもの。経済政策を各国レベルでなく,ECレベルで推進することを提案している。通貨同盟については,通貨の完全かつ不可逆交換性為替変動幅の除去,平価の不可逆的固定,資本移動の完全な自由化などを内容としている。 69年のバール報告が通貨統合の前提として経済統合が必要であるとしているのに対し,ウェルナー報告は経済統合を通貨統合によって推進しようという立場に立っている。本報告に基づいて 71年にヨーロッパ通貨同盟 (EMU) が発足した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウェルナー報告の関連キーワードヨーロッパ通貨制度欧州経済通貨同盟経済通貨同盟

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android