ウェルレス(英語表記)Verres, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルレス
Verres, Gaius

[生]前115頃
[没]前43
古代ローマの政治家。元老院議員の子として生れ,閥族派 (オプチマテス ) として活動したが,激しい賄賂政治で不評を買った。前 83年の内乱で,L.スラの側に立ち,前 80年キリキア地方におもむき,前 74年に賄賂によって,政務官職を得,私腹を肥やした。前 73~71年にはシチリア総督をつとめたが,賄賂を強請,穀物徴収額の操作,美術品の略奪,反対者の処刑など専横のふるまいが激しく,前 70年ローマに帰るとすぐに告発を受けた。ホルテンシウスが弁護にあたったが,M.キケロのすぐれた告発演説のため不利とみて,ローマを去り,亡命。前 43年 M.アントニウスの命令で,暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android