コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスコビウム もすこびうむmoscovium

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モスコビウム
もすこびうむ
moscovium

超アクチノイド人工放射性元素の一つ。原子番号115、元素記号Mc。周期表第15族に属する。新元素として認定されるまでの暫定名称はウンウンペンチウムununpentium(暫定元素記号Uup)。2003年にアメリカとロシアの共同研究で行われたカルシウム原子核をアメリシウム原子核に衝突させる実験で115番元素が合成されたとの報告が2004年にあり、2013年にスウェーデンのチームがその再実験に成功した。
 2015年12月、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)は、IUPACと国際純粋・応用物理学連合(IUPAP:International Union of Pure and Applied Physics)の共同作業部会(JWP:Joint Working Party)が115番元素の発見を承認したことを発表し、117番元素とともに元素名提案権をロシアのドゥブナ研究所(ドゥブナ合同原子核研究所)、アメリカのローレンス・リバモア国立研究所、同じくオークリッジ国立研究所の共同研究グループに与えた。2016年6月、116番元素リバモリウム命名の際にも提案された名称のモスコビウムmoscoviumと元素記号Mcがふたたび提案され、同年11月に公認された。この名称はドゥブナ研究所の所在地であるモスクワ州にちなむ。
 質量数287、288、289、290の同位体報告例があり、いずれもきわめて短い半減期でα(アルファ)崩壊してニホニウムになる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

モスコビウム(moscovium)

超アクチノイド元素超ウラン元素の一。2004年、ロシアと米国の共同研究チームが、カルシウムアメリシウムの原子を衝突させて生成した。ウンウンペンチウム(ununpentium、元素記号Uup)の暫定名で呼ばれていたが、2016年にIUPAC(国際純正・応用化学連合)により正式名とされた。研究チームのうちロシア側の、ドゥブナ合同原子核研究所があるモスクワ州にちなむ。元素記号はMc 原子番号115。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスコビウム
moscovium

人工元素の一つ。元素記号 Mc。原子番号 115。2004年ロシアの合同核研究所 JINRとアメリカ合衆国のローレンス・リバモア国立研究所の研究グループが,カルシウム同位体(質量数 48)をアメリシウム同位体(質量数 243)と融合させることで,115番元素が四つ生成されたと発表した。このとき,質量数 287と 288の二つの放射性同位元素が生成され,それらの半減期はそれぞれ 46.6ミリ秒と 19~280ミリ秒であった。なお,これらが崩壊するとき,α粒子(ヘリウム原子核)を放出し,113番元素(→ニホニウム)が生成された。115番元素の化学的特性はビスマスに似ていると考えられる。名称のモスコビウムは,合同核研究所の所在地ドブナがあるモスクワ州にちなんで命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モスコビウムの関連キーワードモスコビウム(データノート)原子量一覧/元素名順リバモリウムテネシン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モスコビウムの関連情報