ウエストレベル(英語表記)waist level

カメラマン写真用語辞典の解説

ウエストレベル

 ウエストとは腰のことだから、腰の位置にカメラを構えることを言う。初期の一眼レフはペンタプリズムなどが発明されていなかったために、ウエストレベル式のファインダーを使用していた。また、タテヨコの切り替えが必要のない正方形の6×6cm判一眼レフなどでは、いまでもウエストレベルファインダーが主流である。さらに、撮影レンズとは別にビューレンズのうしろにミラーがあって、それで反射した像を見る二眼レフでは、ウエストレベルが基本だ。ウエストレベルファインダーはミラーで反射しているから上下は正像になっているが、左右は逆像である。このために、動くものを撮影する場合には注意が必要である。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android