コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウエストレベル waist level

デジタル大辞泉の解説

ウエスト‐レベル(waist level)

人が立った状態でののあたりの高さ。通常カメラを構える位置についていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ウエストレベル

 ウエストとは腰のことだから、腰の位置にカメラを構えることを言う。初期の一眼レフはペンタプリズムなどが発明されていなかったために、ウエストレベル式のファインダーを使用していた。また、タテヨコの切り替えが必要のない正方形の6×6cm判一眼レフなどでは、いまでもウエストレベルファインダーが主流である。さらに、撮影レンズとは別にビューレンズのうしろにミラーがあって、それで反射した像を見る二眼レフでは、ウエストレベルが基本だ。ウエストレベルファインダーはミラーで反射しているから上下は正像になっているが、左右は逆像である。このために、動くものを撮影する場合には注意が必要である。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

ウエストレベルの関連キーワードアイレベルファインダー

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android