ウォリック伯(読み)ウォリックはく

百科事典マイペディアの解説

ウォリック伯【ウォリックはく】

英国の軍人,政治家。カレーの総督代理,スコットランド遠征に参加。1546年ウォリック伯となる。翌年,サマセット公とともに幼少のエドワード6世の摂政となり,ケットの乱を鎮圧。1551年サマセット公の失脚を画策し処刑に追い込んだ。エドワード王の臨終に際して,義理の娘ジェーン・グレイを王位につけて実権を握ろうとしたが,メアリー1世の即位によって大逆罪に問われ処刑された。
→関連項目ケットの乱レスター伯

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android