コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマセット公 サマセットこう

百科事典マイペディアの解説

サマセット公【サマセットこう】

英国,宗教改革期の政治家。ヘンリー8世の3番目の妻ジェーン・シーモアの兄。ヘンリー8世のもとで対スコットランド侵略の実行にあたり,高位に昇進した。1547年甥のエドワード6世が未成年で王位を継承すると摂政に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サマセットこう【サマセット公 Edward Seymour,Duke of Somerset】

1506?‐52
イギリスの政治家。ヘンリー8世の第3番の妃ジェーン・シーモアの兄。1537年ハーフォード伯。47年エドワード6世の摂政,公爵。急進的なプロテスタント改革を断行,49年礼拝統一法の施行,礼拝堂財産の没収などにより国内の反乱をあおった。政治家としては理想家肌であったが,結果としてはそれが裏目に出た。50年政敵ウォリック伯(のちノーサンバーランド公)のため摂政の座から追われ,52年刑死。【越智 武臣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サマセット公の関連キーワードマーガレット[アンジュー]ノーサンバーランド(公)ウェークフィールドの戦いハーフォード(伯・侯家)ハントリー(伯・侯家)アラベラ・スチュアートサウサンプトン(伯)エドワード[6世]サマセット(公)ヘンリー[8世]シーモア家クランマーリッチ護国卿セシル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android