コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード[6世] エドワード

百科事典マイペディアの解説

エドワード[6世]【エドワード】

イングランド王(在位1547年―1553年)。ヘンリー8世と三番目の妃ジェーン・シーモアの間の子。9歳で即位。政治の実権はサマセット公とついでノーサンバーランド公の2人の摂政の手にあったが,治世中に英国国教会の普及,礼拝統一法の制定(1549年,1552年),共通祈祷書の作成など新教化が著しく進んだ。
→関連項目ウォリック伯ケットの乱サマセット公レスター伯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エドワード[6世]【Edward VI】

1537‐53
イギリス国王。在位1547‐53年。ヘンリー8世と第3番目の妃ジェーン・シーモアの子。J.チーク,R.アスカムら新教派古典学者の教育を受ける。即位はするが,幼弱のためジェーンの兄サマセット公が摂政をつとめた。この間1549年の祈禱書の制定,礼拝統一法の施行など,国教会の新教寄りの改革が促進される。しかし,一方では前代に続く教会財産の没収・売却のため土地問題が激化し,またスコットランド戦争,貨幣の悪鋳,インフレの高進などにより社会混乱も増幅した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエドワード[6世]の言及

【宗教改革】より

カルビニズムは,伝統的社会秩序を重んずるルター派に比べると,資本主義的な営利活動の肯定,カトリックの君主に対する政治的抵抗を容認するなど,より自由主義的な性格をもっており,勤労者層のほか貴族の間にも支持を得て,フランスのユグノー戦争や,スペインの支配に対するネーデルラントの独立運動(八十年戦争)などで,その戦闘的なエネルギーを実証した。なお,イングランドでは,ヘンリー8世の時代に,もっぱら政治的動機から教皇権よりの独立,国教会体制の移行がはじまったが,プロテスタントの教義の受容はエドワード6世治下のことであり,主教制と独自の礼拝形式をもつアングリカニズムの確立は,メアリー女王のカトリック反動を経て,エリザベス1世の時代に持ちこされた。正統なカルビニズムの立場から,この国教会体制を批判する長老派教会は,さまざまな迫害をうけつつも勢力を伸ばし,ピューリタンと呼ばれる非国教徒の主流を形成してゆく。…

【チューダー朝】より

…ヘンリー7世(在位1485‐1509)に始まり,17世紀初頭に至るイギリスの王朝。ウェールズ系のリッチモンド伯ヘンリー・チューダーは,その母がエドワード3世(在位1327‐77)の子ジョン・オブ・ゴーントの末裔であったために,ランカスター派の王位継承者とみなされ,ばら戦争最後の戦闘ボズワースの戦でリチャード3世を破ってヘンリー7世として即位。翌86年ヨーク家のエリザベス(エドワード4世の娘)と結婚し,ヨーク,ランカスター両家の対立に終止符を打つとともに,王位の安全性を確かなものとした。…

※「エドワード[6世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エドワード[6世]の関連キーワードヘンリー[8世]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android