ウォーナー ラングドン(英語表記)Warner Langdon

20世紀日本人名事典の解説

ウォーナー ラングドン
Warner Langdon

07の東洋美術学者 ハーバード大学附属フォッグ美術館東洋美術部主事。



国籍
アメリカ

生年
1881年8月1日

没年
1955年6月9日

出生地
マサチューセッツ州ケンブリッジ

学歴〔年〕
ハーバード大学〔’03年〕卒

学位〔年〕
法学博士(カリフォルニア大学)〔’39年〕

主な受賞名〔年〕
勲二等瑞宝章〔’55年〕

経歴
1906年ボストン美術館に入り、同年来日して岡倉天心に師事。’09年再来日し、茨城県五浦の日本美術院で日本美術を研究、横山大観、下村観山らと親交を結ぶ。同館東洋部副部長(〜’13年)の後、’15年クリーブランド博物館調査員、’17〜23年フィラデルフィア市博物館館長。’23〜50年ハーバード大附属フォッグ美術館の東洋美術部主事。この間、しばしば中国や日本を訪れた。第二次大戦中は〈戦争地域美術及び記念物擁護委員会〉にあって京都・奈良の爆撃阻止のために尽力。戦後も日本占領軍最高幹部の一員として3度来日し、日本文化の保存等に助言を与えた。著書に「Japanese Sculpture of the Suiko period」「The Enduring art of Japan」(’50年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android