コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーフィールド Warfield, Benjamin Breckinridge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォーフィールド
Warfield, Benjamin Breckinridge

[生]1851.11.5. レキシントン
[没]1921.2.17.
アメリカのプロテスタント神学者。プリンストン大学 (1871) ,プリンストン神学大学 (76) を経て,ライプチヒ大学に学ぶ (76~77) 。ウェスタン神学大学で新約聖書語学と文献学の教鞭をとり (78~87) ,1887年以来プリンストン神学大学で弁証神学の教授となり,90~1902年"Presbyterian and Reformed Review"の編集者となり,聖書霊感説に立つ保守的カルバン主義の神学者として活躍した。主著"The Gospel of the Incarnation" (93) ,"The Right of Systematic Theology" (97) ,"The Significance of the Westminster Standards" (98) ,"Calvin as a Theologian and Calvinism Today" (1909) ,"The Plan of Salvation" (15) ,"Faith and Life" (16) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウォーフィールドの関連キーワードウィンザー公

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android