コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウクライナ教会 ウクライナきょうかい

世界大百科事典 第2版の解説

ウクライナきょうかい【ウクライナ教会】

ウクライナの正教会。モスクワ総主教のもとで自治教会を形成する。ロシアにおけるキリスト教文化の中心であったウクライナは,モンゴル軍の侵入とともに荒廃し,キエフ府主教座も14世紀前半にはモスクワに移った。14世紀後半からしだいにポーランドの支配下に入り,カトリック教会が合同工作を行い,ブレスト合同宣言(1595)により合同教会が成立した。この教会は19世紀中葉までに勢力を失った。またガリツィア地方の合同教会は1946年までにほぼ消滅した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android