コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウジダ ウジダOujda

デジタル大辞泉の解説

ウジダ(Oujda)

モロッコ北東部の都市。アルジェリアとの国境近くに位置する。交通の要地であり、同地方における商工業、農業の中心地。10世紀に建設され、マグラーワ王朝の都が置かれ、ムラービト朝マリーン朝オスマン帝国アラウィー朝に支配された。旧市街は城壁に囲まれ、ウァハブ門、ジャマル門、ガルビ門などが残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウジダ
うじだ
Oujda

北アフリカ、モロッコの北東端、アルジェリアとの国境近くにある都市。人口67万8778(1994)。550メートルの高原上にあり、アルジェリアへの鉄道の結節点である。ウジダ県の県都で、商業の中心地であり、柑橘(かんきつ)類、ブドウ、野菜、小麦など農産物の集散地である。食品、機械の工場、火力発電所のほか、周辺には鉛や石炭の鉱山がある。990年に建設され、マグラーワ王朝の首都となった。城壁の残るメディナ(古い街)の北西方に、ヨーロッパ風の市街が広がっている。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウジダの関連情報