コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスリー[川] ウスリー

2件 の用語解説(ウスリー[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウスリー[川]【ウスリー】

ロシア,沿海州と,中国東北地方の国境を北流する川。シホテ・アリン山脈に発し,北流してハバロフスクアムール川に注ぐ。漢字では烏蘇里。長さ890km。中・ロ東部国境の半ばを占める。
→関連項目【あい】琿条約黒竜江[省]松花江

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウスリー[川]【Ussuri】

ロシア連邦東部,アムール川(黒竜江)右岸の支流。この川の本流の大半は中国の東北地方とロシア連邦(沿海州およびハバロフスク地方)の国境をなす。長さ897km,流域面積約19万3000km2。はじめシホテ・アリン山脈南部から北流し,ハンカ湖(興凱湖)から北流するスンガチャ川,長白山脈北方から北流する穆棱河などをあわせて北に流れ,ハバロフスク付近でアムール川の一分流の右岸に合流する。豊水期は3月下旬の融雪時から夏のモンスーン期の8月下旬まで長く続き,しばしばはんらんをくりかえす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウスリー[川]の言及

【アムール[川]】より

…流域面積185万5000km2。ハイラル川の源流にはじまり,アルグン川として中国とロシアとの国境を流れ,途中,ヤブロノイ山脈におこって東流するシルカ川を合わせ(この合流点より下流を本流と呼ぶ),さらにハバロフスクでウスリー川を右岸に合わせて東流し,無数の曲流をくりかえしてオホーツク海に終わる。上流部で11月上旬,下流部で11月中旬に結氷し,4月に溶ける。…

※「ウスリー[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウスリー[川]の関連キーワード愛琿条約アムール川ウスリー川オノン川黒竜江ニコラエフスクナアムーレНиколаевск-на-Амуреハバロフスク橋ムラビヨフアムールスキー公園ユダヤ自治州

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone