コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチワゴケ Gonocormus minutus (Bl.) v.d.B.

1件 の用語解説(ウチワゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウチワゴケ【Gonocormus minutus (Bl.) v.d.B.】

山野の岩上,樹幹上か地上にマットをつくるシダ植物コケシノブ科の小草本。大きさは葉の径1.5cm,植物体の高さ2cmまで。根茎は細く,分枝しながらはうのでマット状のコロニーとなる。葉柄は根茎とよく似た形状で長さ約1cm,翼はない。葉身は掌状に広がり,縁は不規則に切れ込んで,うちわのような形になるのでウチワゴケ(団扇苔)と名づけられた。胞子囊群は葉縁につき,包膜はコップ状で縁がわずかに広がり,胞子囊床が長く伸びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウチワゴケの関連キーワード樹幹鼈が時をつくる時をつくる鬨をつくる雌の万年草立党糸藺漉く手をつくる黄金をつくる男

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone