コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチワゴケ Gonocormus minutus (Bl.) v.d.B.

世界大百科事典 第2版の解説

ウチワゴケ【Gonocormus minutus (Bl.) v.d.B.】

山野の岩上,樹幹上か地上にマットをつくるシダ植物コケシノブ科の小草本。大きさは葉の径1.5cm,植物体の高さ2cmまで。根茎は細く,分枝しながらはうのでマット状のコロニーとなる。葉柄は根茎とよく似た形状で長さ約1cm,翼はない。葉身掌状に広がり,縁は不規則に切れ込んで,うちわのような形になるのでウチワゴケ(団扇苔)と名づけられた。胞子囊群は葉縁につき,包膜はコップ状で縁がわずかに広がり,胞子囊床が長く伸びる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウチワゴケの関連キーワードハイホラゴケ丸葉洞苔

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android