コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチワゴケ Gonocormus minutus (Bl.) v.d.B.

世界大百科事典 第2版の解説

ウチワゴケ【Gonocormus minutus (Bl.) v.d.B.】

山野の岩上,樹幹上か地上にマットをつくるシダ植物コケシノブ科の小草本。大きさは葉の径1.5cm,植物体の高さ2cmまで。根茎は細く,分枝しながらはうのでマット状のコロニーとなる。葉柄は根茎とよく似た形状で長さ約1cm,翼はない。葉身掌状に広がり,縁は不規則に切れ込んで,うちわのような形になるのでウチワゴケ(団扇苔)と名づけられた。胞子囊群は葉縁につき,包膜はコップ状で縁がわずかに広がり,胞子囊床が長く伸びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウチワゴケの関連キーワードハイホラゴケ丸葉洞苔

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android