コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウボン うぼん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウボン
うぼん
Ubon

タイ南東部、ウボン県の県都。コラート高原東部、メコン川支流のムン川左岸に位置する。人口10万6602、同名の県の人口は169万1441(2000)。ウボン県の東部はメコン川を境としてラオスと、南部はドンレク山脈でカンボジアに接する。かつてはメコン川を介してラオスとの交流が盛んで、商業中心地として発達した。首都バンコクとは鉄道で結ばれ、自動車交通の要衝でもある。水利のよい低地では稲作が行われ、主食である糯米(もちごめ)が生産される。[友杉 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウボンの言及

【ウボンラーチャターニー】より

…タイ東北部,ウボン県の県都。人口10万6000(1993)。…

※「ウボン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウボンの関連キーワードワットスパッタナーラームウボンラーチャターニーワットシーウボンラットワットトゥンシームアンカマーン コンカイワットノーンブアウボンラチャタニパークセーパクセームーン川パクセ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウボンの関連情報