ウミヒドラ(英語表記)Hydractiniidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミヒドラ
Hydractiniidae

刺胞動物門ヒドロ虫綱アンソアテカータ目ウミヒドラ科に属する種の総称。貝殻や魚の体表,カニの甲殻上などにヒドロ根を広げ,そこから細長い個虫が多数伸びて群体をつくる。個虫にはそれぞれの役目があり,体の一部に子嚢をつくってその中に卵または精子をつくったり,生殖個虫から有性世代のクラゲを遊離したりする。カイウミヒドラ,カニウミヒドラ Stylactia carcinicola,ヒメサカナウミヒドラ Hydractinia piscicola などいろいろな種が知られている。(→刺胞動物ヒドロ虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android