コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有性世代 ゆうせいせだいsexual generation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有性世代
ゆうせいせだい
sexual generation

無性世代に対する語。世代交代の場合に有性生殖を営む世代をいう。植物では配偶体が生活の主体となっている世代をさす。シダなどは胞子が発芽して配偶体に生長分化し,次いでそれに配偶子が形成されるまでの期間をいう。いわゆる「高等」動植物では,本来の有性世代は縮小の方向にあり,そのおもな生活形態 (「からだ」) は,由来としては無性世代からきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうせいせだい【有性世代】

世代交代を行う生物で、有性生殖をする世代。 ↔ 無性世代

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有性世代
ゆうせいせだい

世代交代において、有性生殖をする世代をいう。無性世代に対する語。原生動物の繊毛虫類では、無性世代には二分裂を行うのに対し、有性世代では接合や自家生殖(オートガミーautogamy)を行う。これらの動物では配偶子は同型のものが多く、性の分化はみられないかわりに、交配型が複雑に分化している。多細胞生物では、生殖細胞の分化が明らかとなり、雌雄両性の配偶子が生じ、有性生殖によりこの世代を維持している。植物では胞子がこの世代にあたり、核相は単相(n)である。[町田武生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有性世代の言及

【世代交代】より

… 日本の沿岸に多いミズクラゲも明りょうな世代交代を行う。海中に浮遊する通常のミズクラゲは有性世代で,卵と精子を生じるが,その受精卵が発達して孵化(ふか)すると,繊毛をもって海中を遊泳するプラヌラplanulaという幼生となる。この幼生はやがて海底に固着して,ポリプ型の無性世代となる。…

※「有性世代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有性世代の関連キーワードがまの穂病(フェスク)褐条葉枯病(ノシバ)ホーフマイスターワカメ(若布)ムチモ(鞭藻)アカパンカビクロセチン維管束植物ボトリチスウミヒドラ皮膚生菌タマバチシダ植物隠花植物羊歯植物コケ植物酵母菌類核相交代ウミタル生活史

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android