コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジロナナカマド(裏白七竃) ウラジロナナカマドSorbus matsumurana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジロナナカマド(裏白七竃)
ウラジロナナカマド
Sorbus matsumurana

バラ科の落葉小高木。本州中部以北の高山帯に生える。高さ約 2mで全株無毛。葉は有柄で互生し奇数羽状複葉小葉は4~6対,長楕円形で上半部に鋸歯があり,表面は青緑色,裏面は粉白色で縁はやや内曲する。7月頃,枝先に散房花序をつけ,径約 1cmの白花を密に咲かせる。花弁は5枚,円形で花爪があり,先端が凹状にくぼむ。おしべは約 20本,めしべ花柱は5本。果実は球状広楕円形で紅黄色に熟し,無毛で先端には5個の小孔が星状に並ぶ。和名は葉裏の白いナナカマド (七竈) の意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報