七竈(読み)ナナカマド

デジタル大辞泉の解説

なな‐かまど【七×竈】

バラ科の落葉高木。山地に自生。葉は長楕円形の小葉が5~7対つく羽状複葉で、秋に紅葉する。7月ごろ、白色の小花を群生し、実は熟すと赤い。材は燃えにくく、名は七度かまどに入れても燃えないということにちなむ。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

七竈 (ナナカマ)

植物。ハイノキ科の落葉低木。サワフタギの別称

七竈 (ナナカマ)

植物。ツツジ科の常緑低木・高木。シャシャンボの別称

七竈 (ナナカマ)

植物。モクセイ科の常緑低木,園芸植物,薬用植物。ネズミモチの別称

七竈 (ナナガマ)

植物。フサザクラ科の落葉高木。フサザクラの別称

七竈 (ナナカマド)

植物。ヤブコウジ科の常緑低木,園芸植物。カラタチバナの別称

七竈 (ナナカマド)

学名:Sorbus commixta
植物。バラ科の落葉高木,高山植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なな‐かまど【七竈】

〘名〙 バラ科の落葉小高木。各地の山地に生える。高さ七~一〇メートル。樹皮は灰色を帯びた暗褐色。葉は深緑色で四~七対の小葉からなる奇数羽状複葉で長さ一七センチメートル内外。小葉は長楕円形で縁に鋸歯(きょし)があり長さ三~八センチメートル。五~六月、枝頂に多数に密生した径七ミリメートルぐらいの白い五弁花を開く。花柱は三~四個。果実は径五ミリメートルぐらいの球形で、赤く熟す。材は耐久力が強く細工物に用いる。材が燃えにくく、七度かまどに入れても燃え残るというところからの名。漢名、花楸・花楸樹。おやまのさんしょう。《季・秋》 〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七竈の関連情報