コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジーミル[大公] Vladimir Svyatoslavich

世界大百科事典 第2版の解説

ウラジーミル[大公]【Vladimir Svyatoslavich】

?‐1015
ロシアキエフ大公。在位980‐1015年。父スビャトスラフ・イーゴレビチによってノブゴロドに配置されていたが,父の死後兄ヤロポルクを殺害し,980年にキエフ大公となった。当時キエフ・ロシアでは,領域もほぼ一定し,祖母オリガが目指していた内政の充実,すなわちロシアの統一,ロシアの盟主としてのキエフの地位の獲得,大公権力の支配強化等が求められていた。彼はそれを旧来の信仰を基本にして果たそうとしたが失敗に終わり,989年ギリシア正教を国教として受容することによって達成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウラジーミル[大公]の言及

【キエフ・ロシア】より

…黒海,カスピ海,南ロシア,ドナウ川流域の勢力均衡が崩れ,キエフ・ロシアの軍事遠征は,以前にも増して活発になる。ビザンティンは,ハザルに見切りをつけ,キエフのスビャトスラフをけしかけてブルガリアに向かわせる一方,ペチェネグ人を買収してキエフを占領させるなど,権謀術数の限りを尽くすが,989年春,キエフのウラジーミル大公(聖公。在位980ころ‐1015)は,黒海におけるビザンティンの要地ケルソネソス(現,セバストポリ市内)を包囲し,これを占領してしまう。…

【ロシア正教会】より

…東方正教会のなかで最大の教勢を有するロシアの正教会。
[歴史]
 ロシアに対するキリスト教の布教は,さまざまな教会によって早くから行われていたが,公式のキリスト教受容は988年または989年,キエフ・ロシアのウラジーミル大公によって実現された。ウラジーミルに洗礼を授けたのはビザンティン帝国の教会であり,以降ロシアはキリスト教文化の導入に際してビザンティン帝国にそれを仰ぎ,東方正教文化がロシア文化の基盤となった。…

※「ウラジーミル[大公]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウラジーミル[大公]の関連キーワードVladimirウラジーミルウラジーミル1世(聖公)SI接頭語宮内庁ペタペタバイトペビバイトウラジーミルオーラブ[2世]

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android