コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルナンム法典 ウルナンムほうてん

世界大百科事典 第2版の解説

ウルナンムほうてん【ウルナンム法典】

現存する楔形文字法典のうち最古の,前2100年ころに制定された法典。ウル第3王朝の創立者ウルナンムが発布したと考えられ,前2千年紀前半の写本数点に断片的に伝えられている。序文では,シュメールアッカドの支配権を得たウル市の主神ナンナルの命を受けたウルナンムが,異民族支配を一掃し,さまざまな不合理を正して社会的弱者の保護に努めたことが誇らかに叙述されている。約35条ほど残存する〈法律〉本文の中では,殺人,盗み,性犯罪,離婚,婚約不履行,傷害,偽証,農地の荒廃など,重要な諸問題が〈もしもこれこれのときには,(その罰は)…〉の形式で列挙され,裁判での判決基準が与えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウルナンム法典の言及

【楔形文字法】より

…私の石碑は彼に係争事を明らかにし,彼は正義の判決を見いだして心をほっとさせるであろう〉。楔形文字法の研究史はすでに100年を超え,V.シェール,B.フロズニー,J.コーラー,M.サン・ニコロ,A.ウングナド,F.R.クラウスその他によってウルナンム法典リピトイシュタル法典エシュヌンナ法典,ハンムラピ法典,古・中・新アッシリア法典,ヒッタイト法典,新バビロニア法典などが公刊され,詳細に研究されてきている。往時の法については,これらの法典のほかにウルカギナ王の改革碑文(前24世紀後半)や古バビロニア時代の王の勅令,カッシート時代(前15世紀)以降の土地境界石(クドゥルkudurru),書記の学校用の教材などからもさまざまな知識が得られるが,現存する最古の法典は前21世紀前半のウルナンム法典である。…

※「ウルナンム法典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルナンム法典の関連キーワードリピトイシュタル法典イシン・ラルサ中東史(年表)ハムラビ法典

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android