コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルバヌス6世 ウルバヌスろくせいUrbanus VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルバヌス6世
ウルバヌスろくせい
Urbanus VI

[生]1318頃. ナポリ
[没]1389.10.15. ローマ
ナポリ出身の第202代教皇在位 1378~89)。本名 Bartolomeo Prignano。アチェレンツァとバーリの大司教を経て,1378年 4月に教皇グレゴリウス11世(在位 1370~78)の後継者に選出された。教皇のバビロン捕囚(1309~77)が終わり,イタリア人が教皇となったことでローマ市民は安堵したが,ウルバヌス6世の性急な改革と辛辣さはフランス人枢機卿(→カーディナル)の反発を招いた。多くのフランス人枢機卿がローマを去り,教皇選挙の無効を宣言,1378年9月にフォンディでフランス人のクレメンス7世(在位 1378~94)を対立教皇として選出した。こうして,40年にわたるカトリック教会の大分裂が始まった。クレメンス7世を支持したのは,フランス,スコットランド,カスティリア,アラゴンなどの王国。ウルバヌス6世は,イングランド,神聖ローマ帝国,ポーランド,北部・中部イタリア,ポルトガルなどから支持を得た。反対派の枢機卿らを捕え残忍な方法で殺害するなど,教皇領は無秩序状態に陥った。毒殺されたとする説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウルバヌス6世の関連キーワードクレメンス(7世)(アビニョン教皇)カルロ3世[ナポリ王]ボニファチウス9世カタリナ[シエナ]ケルン大学

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android