大分裂(読み)だいぶんれつ(英語表記)The Great Schism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大分裂
だいぶんれつ
The Great Schism

西方大離教 Western Schismともいう。カトリック教会史上,1378年から 1417年の間に2人,のちに3人の教皇が対立し,それぞれ固有の追従者,枢機卿団,聖庁を設けたことをいう。教皇庁がアビニョンからローマへ帰還したのち,ローマ市民,イタリア人の支持で選出されたウルバヌス6世に対して,1378年フランスの枢機卿らが無効を宣してクレメンス7世を選出,アビニョン教皇庁を設けた。パリ大学を中心に種々の解決策が出され,公会議を招集して結論をみようとしたが,両教皇はこれを拒否した。結局,分裂の終焉を望んだ枢機卿らは,1409年ピサに教会会議を開き,第3の教皇アレクサンデル5世を選出,3教皇が対立することとなった。皇帝ジギスムントの圧力で,アレクサンデルの後継教皇ヨハネス 23世が,14年コンスタンツ公会議を招集。同会議はヨハネスを廃し,ローマの教皇の辞任を受理,アビニョンの教皇の主張を退け,17年のマルチヌス教皇選出の道を開き,ここに大分裂は終焉した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大分裂の言及

【シスマ】より

…初期の例としてはデキウス帝の迫害直後ローマで起こったノウァティアヌス派のシスマ,ディオクレティアヌス帝の迫害後カルタゴで起こったドナトゥス派のシスマをあげうるが,これらはいずれも数世紀にわたって続いた。ヨーロッパでは対立教皇が選ばれるごとにシスマが起こったが,とくに影響の大きかったのは1378年から約40年続いた〈大離教〉あるいは〈大分裂〉と呼ばれるものである。これは教皇座がアビニョンからローマに帰還した直後に起こった。…

※「大分裂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大分裂の関連情報