コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対立教皇 たいりつきょうこうantipope

翻訳|antipope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対立教皇
たいりつきょうこう
antipope

正当に選出された教皇に対立し,教皇位を主張し,かつ多くの場合実権を握った聖職者。教皇は1人に限られるから,2人目からは対立教皇であるが,その際だれが正当な教皇かを決するのはむずかしい。対立教皇が生れる原因としては,最初の対立教皇であるヒッポリツス (在位 217~235) のように,時の教皇に教理の面で反対した者もあったが,多くは世俗勢力の介入や影響によって2重,3重に教皇選出がなされたことによる (1059年までは皇帝,王侯などの世俗勢力も選挙権をもっていた) 。 14~15世紀の大分裂のときには西方教会内部が分裂し,枢機卿団も分立して対立教皇を生んだ。最も新しい対立教皇はそのおりのフェリクス5世 (在位 1439~49) である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

対立教皇の関連キーワードジャンフランチェスコ1世ステファヌス3世(4世)アレクサンデル[3世]インノケンチウス3世ベネディクツス14世インノケンチウス2世ベネディクツス13世グレゴリウス12世ベネディクツス5世ニコラウス[5世]アレクサンデル2世アレクサンデル3世シルウェステル3世ウルバヌス[2世]アレクサンデル5世シルウェステル4世カリクスツス3世ケレスチヌス2世クリストフォルスフェリクス2世

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android