ウレーデ(英語表記)Wrede, William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウレーデ
Wrede, William

[生]1859.5.10. ビュッケン
[没]1906.11.23.
ドイツの新約聖書学者。ライプチヒ大学,ゲッティンゲン大学で神学を学んだのち,ランゲンホルツェンでの牧師生活 (1887~89) を経て,『第1クレメンスの手紙』の研究で教授資格を取り,ゲッティンゲン大学を経てプレスラウ大学助教授 (93) ,同教授 (95) となり,終生そこにとどまった。彼の名を不朽なものとした『福音書におけるメシア秘密』 Das Messiasgeheimnis in den Evangelien (1901) は,文献批判的な方法によって,『マルコによる福音書』がイエス的資料として歴史的に信頼しうるものであるという,当時のラッハマンやホルツマンのマルコ偏重を批判して大きな波紋を投げかけた。最古の福音書である『マルコによる福音書』では,イエスのメシア意識は問題とされておらず,メシア秘密という原始教団の神学が全体を支配しているというその見解は,ブルトマンをはじめ,ケーゼマン,ボルンカムらによって受継がれている。ほかに"Die Einheit des zweiten Thessalonicherbriefes" (03) ,"Paulus" (05) ,"Vortäge und Studien" (07) などがある。 (→メシア秘密 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android