コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウワディスワフ1世(短身王) ウワディスワフいっせいたんしんおう Władysław I, Łokiełek

1件 の用語解説(ウワディスワフ1世(短身王)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウワディスワフ1世(短身王)
ウワディスワフいっせいたんしんおう
Władysław I, Łokiełek

[生]1260/1261
[没]1333.3.2. クラクフ
ポーランド王 (在位 1320~33) 。 1296~1300年にウィエルコポルスカ公の地位にあったが,ボヘミアワーツラフ2世の進出で敗北して亡命。ハンガリーの援助で 05年に帰国後,ワーツラフ2世の野望を打破し,諸地方とクラクフ市を盟主にした都市反乱をも平定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウワディスワフ1世(短身王)の関連キーワード階乗Nエヌ文応没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.Politeia tōn Romaiōn