コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウワディスワフ1世(短身王) ウワディスワフいっせい[たんしんおう]Władysław I, Łokiełek

1件 の用語解説(ウワディスワフ1世(短身王)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウワディスワフ1世(短身王)
ウワディスワフいっせい[たんしんおう]
Władysław I, Łokiełek

[生]1260/1261
[没]1333.3.2. クラクフ
ポーランド王 (在位 1320~33) 。 1296~1300年にウィエルコポルスカ公の地位にあったが,ボヘミア王ワーツラフ2世の進出で敗北して亡命。ハンガリーの援助で 05年に帰国後,ワーツラフ2世の野望を打破し,諸地方とクラクフ市を盟主にした都市反乱をも平定。即位は晩年に実現をみたが,31年にはドイツ騎士団とも戦い,勝利を収めた。在世中は内外の反王権勢力を駆逐して王国統一の基礎を築き,その偉業を次代のカジミエシ3世 (大王) にゆだねた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウワディスワフ1世(短身王)の関連キーワード弘長文応建武新政文応京極院文応日蓮宗赤橋英時赤橋守時安達時顕

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone