ウンデッド・ニー事件(読み)うんでっどにーじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンデッド・ニー事件
うんでっどにーじけん

1890年に起こったアメリカ・インディアンとアメリカ合衆国軍隊との間の交戦。同年12月29日朝、サウス・ダコタ州パインリッジ居留地のウンデッド・ニーWounded Kneeにおいて、350人のミニコンジュー・スー人Miniconjou Siouxと、フォーシス大佐に率いられた500人の合衆国第七騎兵隊とが、騎兵隊によるスー人(現在はダコタ人)の武装解除の際に交戦した。スー人は婦女子を含めて約300人が虐殺された。これは先住民と合衆国軍隊との間の最後の戦いといわれた。
 なお、1973年2月27日、このウンデッド・ニーにある丘の上の教会などが、先住民の正当な権利などを主張するアメリカ・インディアン運動(AIM)のメンバー約300人によって70日間占拠されるという事件が生じた。[上田伝明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android