コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーイド oöid, ooid

岩石学辞典の解説

ウーイド

ウーライトのこと[Hendricks : 1940].ウーイドは核(nucleus)となる鉱物や生物遺骸の砕屑片の上にμm単位の規則的な同心球状の層をもつ核(coated layer, cortex)が発達する,直径2mm以下の霰石や高マグネシウム方解石からなる球状または楕円体の粒子.波打ち際のような所で核の周囲に同心状に沈着物,沈澱物が付着してできたとされる[木村ほか : 1973,地学団体研究会 : 1996].古い時代のウーイドには同心円状の層と放射状の構造の両方が見られるが,放射状の構造は一次的とは限らず,アラゴナイトから方解石への転移の過程で形成されたものもある[Adams, et al. : 1984

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ウーイドの関連キーワードウーモルディック・チャート魚卵状チャートドロモルディック・チャートフィトクロムジョン ヘンドリックスバーバラ ヘンドリックス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone