霰石(読み)あられいし(英語表記)aragonite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「霰石」の解説

霰石
あられいし
aragonite

CaCO3方解石と同質多形炭酸カルシウム鉱物斜方晶系。低圧条件下で安定な方解石に対して,霰石は高圧条件下で安定。藍晶石が安定な圧力とほぼ等しい圧力条件下で,方解石が霰石に転移する。柱状,塊状,繊維状,ときに豆状などの形で産出する。方解石よりも硬度が高く,比重も大きいことから区別がつけられる。硬度 3.5~4,比重 2.947。温泉沈殿物,火山岩の晶洞鉱物,熱水鉱床の脈石鉱物,貝殻の構成鉱物などは準安定相の霰石で,真珠など石灰質には方解石とともに存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「霰石」の解説

あられ‐いし【霰石】

〘名〙
① 炭酸カルシウムを主成分とする鉱物の一種。生物の殻や骨格、真珠などの構成物。柱状、繊維状、あられ状の結晶をなし、火山岩の割れ目や、高温の温泉などから産出する。島根県松代鉱山の粘土中の結晶集合体は天然記念物。〔鉱物字彙(1890)〕
② 「ほうかいせき(方解石)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

さん‐せき【霰石】

〘名〙 =あられいし(霰石)①〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android