エイイットル・スカットラグリームスソン(読み)えいいっとるすかっとらぐりーむすそん(英語表記)Egill Skallagrímsson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エイイットル・スカットラグリームスソン
えいいっとるすかっとらぐりーむすそん
Egill Skallagrmsson
(910―990ころ)

アイスランドの首長、詩人。その一生を語る長編サガ『エイイットル・スカットラグリームスソンのサガ』によれば、幼時から大力と詩才に恵まれ、15歳で海外に出て、バイキングとして勇名をはせる。祖父の代からのノルウェーの王家との不和に巻き込まれ、いったんはその手中に落ちた宿敵「血斧(ちおの)のエイリーク王」に歌を捧(ささ)げて助命される。そのときの頌歌(しょうか)『首の身代(みのしろ)金』、戦死した親友を回想し友情と感謝を歌った『アリンビョルンの歌』、次々に有能な息子を失った父の悲哀を吐露した『ソナトレク』の三大長編詩は有名で、アイスランドの誇る中世の国民詩人とされている。[谷口幸男]
『谷口幸男訳『アイスランドサガ』(1979・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android