コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウァグリウス・ポンティクス エウァグリウス・ポンティクス Evagrius Ponticus

1件 の用語解説(エウァグリウス・ポンティクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウァグリウス・ポンティクス
エウァグリウス・ポンティクス
Evagrius Ponticus

[生]346. ポントス
[没]399. スケテ
古代キリスト教会の苦行者。オリゲネスの思想を摂取して多くの霊的著作を書き,後代にも大きな影響を与えたが,6世紀以後オリゲネス派として排斥された。著作はシリア語およびラテン語訳で今日に伝えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エウァグリウス・ポンティクスの関連キーワードぽんぽん蒸気コンビナートスポンサートンとポンの絵本イベント・スポンサーシップKreōn(コリントス王)ドス・サントス,N.P.ビテュニア・ポントスヘレスポントスポントア,N.ポントス王国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone