コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂光 りょこうLü Guang; Lü Kuang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呂光
りょこう
Lü Guang; Lü Kuang

[生]咸康3(337)
[没]咸寧1(399)
中国,五胡十六国後涼 (→ ) の第1代王 (在位 386/9~399) 。略陽 (甘粛省) の (てい) 族の豪族の家に生れた。字は世明。諡は武皇帝。廟号は太祖。前秦の武将として活躍。西域遠征軍を率い,焉耆 (カラシャフル) ,亀茲 (クチャ) などを下したが,前秦が 淝水 (ひすい) に敗れたのを聞いて姑臧 (甘粛省武威県) に拠り自立。河西地方をほぼ平定して麟嘉1 (389) 年には三河王と称し,黄河の南にも進出。竜飛1 (396) 年には天王と称し,国を大涼と号し,国家の機構を一段と整えたが,やがて国勢は衰えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の呂光の言及

【涼】より

…通称は後涼。略陽(甘粛省秦安県)の(てい)族の首領呂光(りよこう)によって創建された。呂光は秦(前秦)の苻堅(ふけん)の命により西域諸国を下したが,遠征中に前秦が内乱に陥ったので姑臧(こぞう)(甘粛省武威県)にとどまって自立を図り,386年(太安1)涼州牧を自称,396年(竜飛1)天王の位についた。…

【涼】より

…通称は北涼。張掖(ちようえき)(甘粛省張掖県)付近にあった匈奴部落の首領沮渠蒙遜(しよきよもうそん)は,近親が後涼の呂光(337‐399)に殺されたので挙兵して397年(神璽1)呂光の臣下段業(?‐401)を涼州牧に戴いた。401年(永安1)段業を殺してみずから涼州牧を称し,一方で秦(後秦)に臣属すると同時に南涼から姑臧(こぞう)を奪い,ここに遷都して河西王を称した。…

※「呂光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呂光の関連キーワード死中に活を求める沮渠蒙遜苻堅

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android