コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウスタキウス Eustachius

1件 の用語解説(エウスタキウスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エウスタキウス【Eustachius】

古代ローマの殉教聖人。生没年不詳。元来はトラヤヌス帝軍の将校プラキドゥスPlacidus。伝説によれば,彼は狩りで追った鹿の角の間に,輝くキリストの磔刑(たつけい)像が現れるのを見て回心,受洗してエウスタキウスと名のった。後に職を追われてエジプトに向かう途中,妻を人質にとられ,2人の子どもを野獣にさらわれる。さまざまな苦難の後に再会するが,ハドリアヌス帝のもとで,家族ともども青銅製の雄牛の中に閉じこめられて焼かれるなどして殉教した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエウスタキウスの言及

【シカ(鹿)】より

… 鹿はまた民間の信仰や習俗,歌や民芸でも重要な役割を果たしている。聖人エウスタキウスが,角の間に光り輝く十字架をつけた鹿のビジョンを見てキリスト教に改宗したという伝説はとくに有名である。ヘッセンやザクセンの伝説では白鹿は死の使いとされている。…

【フベルトゥス】より

…マーストリヒト,のちリエージュの司教で聖人。伝説によれば,世俗の貴族であったが,復活祭の日に狩りに行ったところ,一頭の鹿の角の間に十字架を幻視し改心したという(古代ローマの殉教聖人エウスタキウスの同様の伝説からの借用)。以後アルデンヌ地方での布教に努めた。…

※「エウスタキウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エウスタキウスの関連キーワードセバスティアヌスローマの七丘ローマ風呂古代ローマ帝国ローマの泉古代ローマの航跡をたどれローマの祭り古代ローマ人の格言

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone