コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウボイア[島] エウボイア

百科事典マイペディアの解説

エウボイア[島]【エウボイア】

エーゲ海西部,ギリシア第2の大島。古代ギリシア語ではEuboia。かつて本土と続いていたが,現在は橋で結ばれる。山地は森林でおおわれ,小麦,ブドウオリーブの栽培,牧畜,養蜂が行われ,褐炭などを産する。
→関連項目リュコフロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エウボイア[島]【Euboia】

エーゲ海西部に位置し,ギリシアでクレタ島に次ぐ大きな島。面積約3600km2。人口21万(1991)。エボイアÉvvoiaネグロポンテNegroponteともいう。ギリシア本土とほぼ平行に北西から南東に延び,前5世紀以来,島の西岸中央部でボイオティアと橋で結ばれている。東部沿岸は険峻であるが,西部沿岸は良港に恵まれる。肥沃な平野部はトウモロコシ,ブドウ,イチジク,オリーブを産する。主要都市カルキスChalkis(Khalkís)では,冶金・セメント繊維工業が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone