コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカトンタピリアニ教会 エカトンタピリアニキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

エカトンタピリアニ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【エカトンタピリアニ教会】

Panagia EkatontapilianiΠαναγία Εκατονταπυλιανή》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶパロス島の北西部に位置する港町パリキアにある、ビザンチン様式の教会。名称は「百の門の教会」を意味する。4世紀に古代ローマ皇帝コンスタンティヌス1世が建てた教会に起源するとされ、後の皇帝により再建された。盛大な聖母被昇天の祭りが催されることで有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エカトンタピリアニ教会の関連キーワードアシヌ教会クリサフィティッサ教会パナギアハルケオン教会パラポルティアニ教会パンタナサ修道院ポディトゥ教会マリアミリビリス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android