コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカホウ素 エカホウそeka-boron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エカホウ素
エカホウそ
eka-boron

D.I.メンデレーエフが元素の周期律を発見したとき,周期表中の空位に入ると予言された仮想元素の1つ。ホウ素と同族であるという意味で,スカンジウムに対してエカホウ素という名でその物理的,化学的性質を予言した。この予言された仮想元素は 1879年に,スウェーデンの化学者 L.F.ニルソンによりガドリン石から発見され,スカンジナビアにちなんでスカンジウムと命名された。メンデレーエフの予言の正しさが立証された一例である。エカはサンスクリット語で1の意味をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エカホウ素の関連キーワードニルソン(Lars Fredrik Nilson)クレーベ