コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空位 クウイ

デジタル大辞泉の解説

くう‐い〔‐ヰ〕【空位】

ある地位にだれもついていないこと。また、その地位。「会長の座が空位になる」
名ばかりの位。
空いている座席。空席。
「或る時彼の慈童、君の―を過ぎけるが」〈太平記・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうい【空位】

その地位に、だれもついていないこと。また、あいている地位。
あいている席。空席。 「かの慈童、君の-を過ぎけるが/太平記 13

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空位の関連キーワードウィルヘルム・フォン・ホラントシェイヒ・ベドレッディンの乱ホーエンツォレルン家司教座聖堂付き参事会継体・欽明朝の内乱ハルシャ・バルダナルードルフ(1世)ボニファチウス5世グレゴリウス10世ヘースティングズ家ルドルフ[1世]フェリペ[2世]ハプスブルク家マルケルス1世バヤジッド1世ディオニシウスライン都市同盟スチュアート家カールマルテル糟谷 彦三郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空位の関連情報