コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゴノネコアシアブラムシ Ceratovacuna nekoashi

世界大百科事典 第2版の解説

エゴノネコアシアブラムシ【Ceratovacuna nekoashi】

半翅目アブラムシ科の昆虫。エゴノキに寄生して虫癭(ちゆうえい)をつくるアブラムシの1種。日本,中国から東南アジアに分布する。虫癭は淡黄緑色で,3cm前後の長卵形の袋が放射状に集まり,花のような形になる。その形をネコの掌にみたてて,ネコアシと呼ばれる。7~8月に袋の先端が開いて翅のある成虫が多数現れ,二次寄主のチヂミザサに向かって飛び去る。開口した虫癭を軽くたたくと微小な幼虫が落下するが,これを腕など皮膚の柔らかいところにのせると,チクチク刺すのが感じられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android