コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エステンセ城 エステンセジョウ

2件 の用語解説(エステンセ城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エステンセ‐じょう〔‐ジヤウ〕【エステンセ城】

Castello Estense》⇒エステ城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

エステンセじょう【エステンセ城】

イタリア北部の都市フェッラーラ(Ferrara、エミリア・ロマーニャ州フェッラーラ県の県都)の市街中心部にある、四方を堀で囲まれた4つの塔を持つ、レンガ造りの城。◇14世紀のルネサンス期の北イタリアの中心都市だったフェッラーラは、1598年の教皇領に編入までの400年間、エステ家が領有していた町で、その居城がエステンセ城である。総延長9kmに及ぶ城壁は15~16世紀に建設されたもので、その内側は歴史地区になっていて、初期ルネサンス様式テラコッタ装飾が施された宮殿が建っている。この建物は現在市庁舎として使われていて、内部には当時のフレスコ画ベネチアングラスシャンデリアが残っている。城の向かいにはロマネスク様式ゴシック様式のドゥオーモ(聖堂)とその併設美術館がある。この一帯、およびポー川デルタ地帯が世界遺産文化遺産)に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エステンセ城の関連キーワードハランカッラーラカッラーラ大聖堂ディアマンティ宮殿フェッラーラフェラーラ大聖堂ベッラージオポルトフェッライオフェッラレッレフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エステンセ城の関連情報