コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾキスゲ えぞきすげ

1件 の用語解説(エゾキスゲの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾキスゲ
えぞきすげ
[学]Hemerocallis flava L. var. yezoensis (Hara) M. Hotta

ユリ科の多年草。中国原産で夜咲きのホソバキスゲやキスゲの変種で、キスゲとは異なり夜昼咲きで、明るい黄色の花をつける。花序は長さ20センチメートルに達し、よく枝分れする。花筒は2~3センチメートル、花被片(かひへん)は長さ6~8センチメートル。北海道東部と南部の海岸砂丘のやや乾いた草原に群生する。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエゾキスゲの言及

【キスゲ】より

…英語名も学名も,美しい花が1日だけでしぼんでしまうことからつけられた名前である。
[日本の野生種]
 レモン色の花をつける群には中部地方以西の海岸や内陸草原に見られる夜咲きのキスゲ(別名ユウスゲ)H.citrina Baroni var.vespertina (Hara)Hotta(英名late yellow day‐lily)(イラスト)と,北海道の海岸に分布し,夕方咲き出した花は翌日の午後まで咲くエゾキスゲH.flava L.var.yezoensis (Hara) Hottaがある。橙黄色の花をつける昼咲き群にはいろいろなものがある。…

※「エゾキスゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エゾキスゲの関連情報