コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾスジグロシロチョウ えぞすじぐろしろちょう

1件 の用語解説(エゾスジグロシロチョウの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾスジグロシロチョウ
えぞすじぐろしろちょう / 蝦夷条黒白蝶
green-veined white
[学]Pieris napi

昆虫綱鱗翅(りんし)目シロチョウ科に属するチョウ。エゾスジグロチョウともよばれる。日本各地および樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島、中国からヨーロッパにかけてと、北アメリカ北部に分布する。北海道では近縁のスジグロシロチョウより普通にみられる。はねの開張45ミリメートル内外で、雌雄および季節型により斑紋(はんもん)の違いが著しい。スジグロシロチョウに似ているが、それより一般にやや小形である。北海道では年2~3回の発生、日本の南西部の暖地ではさらに発生回数を増す。春の第1化の発生はスジグロシロチョウよりも早い。幼虫はアブラナ科植物の葉を食べるが、日本の南西部では同科のスズシロソウ、ハクサンハタザオなどを食草とし、スジグロシロチョウに比べて食草選択の範囲が狭い。蛹態(ようたい)で越冬する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエゾスジグロシロチョウの言及

【スジグロシロチョウ】より

…1970年ころから広く都市部に増えてきたショカツサイは,秋から初夏まで葉が得られるので,スジグロチョウも増えている。 近似種に,北半球に広く分布するエゾスジグロシロチョウA.napiがあり,やはり雄は香気を発する。幼虫はアブラナ科の野生植物を好む。…

※「エゾスジグロシロチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone