エゾスズラン(読み)えぞすずらん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾスズラン
えぞすずらん / 蝦夷鈴蘭
[学]Epipactis papillosa Fr. et Sav.

ラン科の多年草。別名アオスズラン。カキランに似るが、花は緑色、全草に短毛が密生する。太平洋側の海岸のマツ林に生える根茎の短い生態型をハマカキランとして区別する。本州中部地方以北の亜高山帯の林下に生育し、中国東北部、ウスリー、カムチャツカに分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエゾスズランの言及

【カキラン(柿蘭)】より

…山草として栽培されることがある。エゾスズランE.papillosa Fr.et Sav.は植物体全体に毛があり,苞は通常子房よりも長く,花は淡緑色である。亜高山帯に多い。…

※「エゾスズラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android