コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾスズラン えぞすずらん

1件 の用語解説(エゾスズランの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾスズラン
えぞすずらん / 蝦夷鈴蘭
[学]Epipactis papillosa Fr. et Sav.

ラン科の多年草。別名アオスズラン。カキランに似るが、花は緑色、全草に短毛が密生する。太平洋側の海岸のマツ林に生える根茎の短い生態型をハマカキランとして区別する。本州中部地方以北の亜高山帯の林下に生育し、中国東北部、ウスリー、カムチャツカに分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエゾスズランの言及

【カキラン(柿蘭)】より

…山草として栽培されることがある。エゾスズランE.papillosa Fr.et Sav.は植物体全体に毛があり,苞は通常子房よりも長く,花は淡緑色である。亜高山帯に多い。…

※「エゾスズラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone