エゾヌカボ(読み)えぞぬかぼ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾヌカボ
えぞぬかぼ / 蝦夷糠穂
[学]Agrostis scabra Willd.

イネ科の多年草。稈(かん)は細く株立ちし、高さ50~80センチメートル。根出葉は糸状で短い。5~7月、赤褐色を帯びて、植物体の2分の1以上の長い円錐(えんすい)花序を出す。花序の分枝は細く、中軸近くには小穂をつけない。護穎(ごえい)は芒(のぎ)がなく、内穎は退化して短く、葯(やく)は護穎の長さの2分の1以下。本州中北部、北海道の山地の草原に生え、シベリア、北アメリカに分布する。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android