コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッサ・デ・ケイロス José Maria Eça de Queirós

世界大百科事典 第2版の解説

エッサ・デ・ケイロス【José Maria Eça de Queirós】

1845‐1900
ポルトガルの作家。コインブラ大学法学部在学中から知識人と交わり,旧来思想への批判的精神を養った。卒業後しばらく弁護士活動を行ったが,1873年にキューバ領事に任命され,次いでイギリスに14年在勤ののちパリに赴任し,そこで没した。外交官としての長い外国生活は,故国を冷静に見つめる目を与えるとともに,当時のヨーロッパの思想に直接接する機会を授けた。青年期の作品にはドイツの抒情詩あるいはボードレールを介してのポーの影響などが,不消化のかたちではあるが認められる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

エッサ・デ・ケイロスの関連キーワードリベイロ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android