エドム人(読み)エドムびと(英語表記)Edomites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドム人
エドムびと
Edomites

旧約聖書 (創世記) において,エサウの子孫といわれ,イスラエル人と人種的に近い関係にあるが,北アラビアのセム系遊牧民。イスラエル人と同じ頃,ネゲブ地方に入植し,同系のアンモン人,モアブ人とともに,イスラエル人の同盟者あるいは敵対者となった。その後ペリシテ人をも吸収同化し,パレスチナ南部海岸で通商,貿易に従事。前 129年にはハスモン (マカベア) 朝のヨハンネス・ヒュルカノス1世に征服され,ユダヤ教に強制改宗させられた。前 40年以後はヘロデ大王の支配下に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android